浴衣の着付けは一人でも簡単?浴衣の相場っていくらくらい?浴衣について色々調べてみました。

ファッション

こんばんは。もう時期暑い夏がやってきますね。
今回はそんな夏の風物詩の一つである「浴衣」について色々と調べてみたいと思います。

何故男の私がこんなことを調査しているのかと言いますと、夏に外国人の仲の良い女の子が来日予定なので、機会があれば花火やらお祭りに連れて行ってあげたいと以前から思っていました。

本人も以前から浴衣を着てみたいとも言っていたのを思い出して、せっかく日本に来るなら良い思い出を作ってあげたいと思い色々と下調べている次第であります。

浴衣の相場っていくらくらいなんだろう?

まずは大手ネット通販会社「楽天」にて値段を調べてみました。

・レビューが100以上ある
・☆が4つ以上(5がMAX)
・女性の場合は「浴衣、帯、履物」の3点セットがある

上記の条件で見てみたところ

男 5000円~1万
女 4000円~1万6千円

1万あれば、十分購入できそうですね。個人的にはもっとする物かと思っていました。あ、それは着物か・・・。基本的に通販では女性用は3点セット(浴衣、帯、下駄)が普通みたいです。
ランキング1位は3000円台の福袋で3点セットもついてるので、質は大丈夫なのか心配ですが、レビュー件数6000以上で☆が4という事はかなりの支持を得られている事がわかります。

浴衣はネット以外ではどこ買うのがオススメ?

ットの良い所は安くて数多くのレビューなどが見れる所ですが、やはり実物を見れないし試着も出来ないので、いざ気に入らないのが届いたときに返品はできても色々と面倒くさいですよね。
では実際にどのお店で買えばいいのか、色々と候補を挙げてみます。

イオン、大型スーパーなど
2点セットで1万(浴衣、帯)
3点セットで1万5千円(浴衣、帯、下駄)

しまむら
3点セットで6000円前途(浴衣、帯、下駄)※2018年度

その他、高島屋、丸井、阪急、小田急などなど。
この手の「デパート」はやはり最低ラインが1万くらいとなりそうです。高いものでは4万越えとかも普通にありました。

ユニクロ
意外にもユニクロなどにも売っている事があるそうです。ただ、量産型なのでイベント会場で同じのを着ている人と遭遇する確率が増えるので微妙ですね。

まとめ
本当に1回っきりとか、イベントやコスプレとかで気軽に~ってのであれば通販のレビューが良くて値段がお手頃なのでも良さそうですね。ただやはり、ある程度きちんとして自分の納得のいく物を求めるのであれば上記に挙げた店舗をのぞいてみたほうが良いと思います。

浴衣は一人ででも着付けは簡単なの?

結論から言うと、一人ではちょっとハードルが高そうです。

ネット上には一人で着付けする方法が写真や、動画など多数出てきたので可能ではありそうですが、「ここで折る」など結構こまかい印象を受けました。

ですので大きめの鏡がないと厳しいかもしれません。折り方を間違えると左右の見栄えバランスが悪くなったりしちゃうので難しそうです。

もし一人でするのであれば、イベント前にしっかりと計画を立てて着付けの練習時間を設けるようにしましょう。

浴衣を買う際の注意点

1、体系によって色や柄を選べ
色や柄など様々な種類があるのが浴衣の楽しい所ではありますが、自分の体形に合ってない柄を選んでしまうと浮いてしまうかもしれません。
例えば、背の低くて小柄な方は大き目な柄は目立つので避けたほうが良いそうです。ぽっちゃりの方は白系は余計太って見えてしまうので黒系のを着ると引き締まって見せる効果があるそうです。背の高い方は基本的に何でも似合いそうです。ただ一概には言えないので、全身が写る鏡の前で見栄えなどをチェックすると良いですね。

2、着る頻度によって、素材のきめ細かさを選べ
昼など普段着として良く着るのであれば下着が透けないように、作りがきめ細やかな物を選ぶようにしましょう。逆にお祭りや花火大会イベントなど、夜メインになるのであればそこまで気にしなくてもよさそうです。

外国人向けの浴衣について

さて、最後に個人的に気になっていた外国人向けの浴衣についてです。

色々調べてみたのですが「外国人に喜ばれるお土産ベスト10」などといったランキングに必ず浴衣は入っているんですが肝心の有力な入手情報がありませんでした・・・。一体皆さんどこで買ってプレゼントしているのやら?

一応楽天などにもあるにはあったのですが、日本人向けの浴衣に比べるとワンランク、クオリティーが落ちるといいますか、完全にコスプレ用というかそんな印象でした。買うとしたら、通販か実物を見て本人に選ばせるのが無難そうです。

まとめ

今回は「浴衣」について色々と調べてみました。

意外とお値段はお手頃で、本当に何でも良いのであれば3000円台ででも手に入るといったのにはちょっと驚きました。とはいえ用途次第でしっかりと選ぶ必要がありそうですね。夜に花火大会やお祭りのみに着用するのであれば、そこまで神経質になることもなさそうですが、昼に浅草に行ったり(モデルが外国人女性の場合)ある程度、長時間行動する必要がありそうな場合は、作りがしっかりしていて見栄えの良い物でないとスグに疲れたり楽しいイベントが台無しになってしまう可能性もあるので、可能であれば通販ではなく、店頭に売られている物が良いと感じました。

今回は以上となります。少しでも参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました