引越後は光回線とモバイル回線どっちがオススメ?

GAME

こんにちは。

今回は引越をする際に、

・どのインターネット回線やプロバイダーを選ぶのが良いのか?

について調べてみました。といいますのも、実は私自身が近いうちに一人暮らしする予定なので、色々と損が無い様に調べてみている次第であります。

ですので、戸建てはなく、マンションタイプに一人暮らしをする体での情報となります。

一応初めに最低限の知識を知っておきましょう。
・インターネット回線
・プロバイダー契約
上記2点が必要となります。

引越後インターネット回線を契約する時の注意点

①引越先の家で新たに契約する場合(実家は親とかがそのまま使う場合)
引越の契約が決まり次第すぐにネット契約した方が良いでしょう。時期によっては1ヶ月待ちとかあるそうなので。あとは入居先の建物が既に光ファイバーなどを導入済みか必ず確認しましょう。

②引越前のネットを継続して使う場合
二重契約を避ける為に、必ず業者に住所が変わる旨を言いましょう。

どのインターネット回線がいいの?

代表的な回線は主に

光回線
ADSL
WiMAXなどのモバイル回線

などがあります。
現在はあえてADSLにするメリットは殆ど無いそうなので、光回線かモバイル回線の2択になると思います。用途によると思いますが、外出が多かったり、インターネットサーフィン程度でしたらモバイル回線でも良いですが、FX、株などやオンラインゲームなどのラグ対策が必須の場合は光回線が必須となります。

光回線のメリット
通信速度の速さ
通信の安定さ
データー使用無制限
Wi-Fiに接続できる
光回線のデメリット
工事が必要の際は時間と費用がかかる
被災などの際は復旧に時間がかかる

 

モバイル回線のメリット
回線が不要なので部屋の間取りに気を使わなくてよい
工事などが無いので、引越時も楽
スグに使える
費用を節約できる
外に持ち運びができる
モバイル回線のデメリット
回線が光に比べると遅い
通信制限がある
縛りの違約金が固定回線より高い

モバイル回線で痛いのは携帯と同様に通信容量の制限があるということです。現在では「使い放題」なども出ているようなので、その情報についてはのちほど紹介したいと思います。他は、建物の構造によっては(鉄筋工など)通信速度に影響がでる可能性があったり、3年縛りなどのプランを途中解約した際は固定回線より多額の違約金が請求されたりですかね。

光回線(固定回線)を選ぶならどれがオススメ?

まずは光回線の中でもどの様な種類があるのかを見てみましょう。

恐らく一度は名前を聞いたことがあるような回線が多いかと思います。

月額回線最大速度プロバイダー料金その他
So-net光2,980円1Gbps3年縛り
OCN光3,600円1Gbps2年縛り
ソフトバンク光3,800円1Gbps不要2年縛り
auひかり3,800円1Gbps3年縛り、ネットのみ
ドコモ光4,000円1Gbps2年縛り
フレッツ光4,3501Gbps同じ建物内で4契約以上が見込める場合の金額。
NURO光4,743円2Gbps不要2年縛り
ビッグローブ光4,980円1Gbps2年縛り

※ 料金は全て「集合住宅(マンション)」プランです。
上記全ての光において「IPv6(IPoE)接続」対応です。
IPv6とはざっくり説明すると従来の回線に比べ更に回線速度が速いです。
ただし、業者によってV6プランの加入が必要となったり、ルーターがV6対応じゃないといけなかったりするので注意が必要です。

すでにお気づきかとは思われますが基本的には縛り契約が発生します。

解約違約金は縛り年数にもよりますが2年縛りの案件は大半が9500円でした。3年縛りはさらに高額になります。

GbpsとかMbpsってなに?

これからこの2つのワードが沢山出てくるので、まずは簡単に理解しておきましょう。

ざっくり説明しますと、ホームページやyoutube動画、ダウンロード速度などの読み込みの速さの基準となります。

1GBPS=1000Mbps

一般的には安定して100Mbpsでればオンラインゲーム含めストレスを感じないと言われています。

解約違約金が発生しない光回線はあるの?

続いて気になるのは「違約金が発生しない光回線ってあるの?」という点ですよね。

調べてみたら4社見つかりました。(実際にはもっとあると思いますが)

DTI光
enひかり
ぷらら光
excite MEC光
月額IPv6工事費用
DTI光3,600円対応15,000円
enひかり3,300円対応15,000円
ぷらら光3,600円対応15,000円
excite MEC光3,500円対応15,000円

4社共に月額料金では300円程の違いしかないようですね。

DTIはADSLからの転用だと、工事費用が無料となるそうです。(2019年6月02日現在)その他にもAU割、SIM割、東京ガストリプル割りなど色々とセットプランがありますね。

enひかりは公式でもピックアップされていましたが「業界最安値」が何と言っても売りでしょう。他はUQ mobile割や、年に3回まで3泊4日の無料Wifiレンタルなど、年に何度か旅行に行く方は地味に嬉しですね。(正し往復送料870円は自腹の模様)
ぷらら光はWifi無料レンタルや、最大65000円キャッシュバックなどを売りにしていますが、キャッシュバックには縛りが適用されてしまうので長期利用予定の人以外は微妙かもしれません。

excite MEC光については、公式を見た感じ特に売りを見受けられませんでした。

全社共通して調べてて感じたのは、縛りがある光業者と比べると回線が遅いという口コミがちょっと目立ったかな~という印象を受けました(もちろん中には速度が上がったという意見もあり、一概には言い切れませんが)

あとは一番のネックとなるのが「工事費用」ですよね。理由は2年縛りをしても2年間住むかわからないからです。すぐ実家に帰る可能性もありますしね。引越前の家でフレッツ光を使っていて新居で転用(乗り換え)する場合は工事費用が無料になるケースが多いそうですが、私の場合はフレッツ光であるものの実家でもそのまま使うので転用はできません。

工事が必要かどうかはその建物によるとは思いますが、もし工事費用を払うのであれば解約違約金9500円が発生してでもNURO光などを使った方がいいかもしれませんね。

モバイル回線を選ぶならどれがオススメ?

続きまして、モバイル回線の種類についてみてみましょう。

代表的な業者はWimax、ワイモバイル、そして携帯各社が参入している感じです。

基本的にどの業者も通信料は「使い放題」もしくは「7GB/月」が存在しました。使い放題だと7GB制限より1000円弱高いかなといった感じです。

注意点としましては「使い放題」と題していますが、実際には3日で10GB 以上使うと速度制限がかかったり、30日で300GBまでとかの制限が存在します。携帯で月に大量のGを使う方なら大体10GBがどれくらいのものかはピンと来ると思いますが、社会人で例にあげますと1日に持てる自分の自由な時間が2~3時間だとすれば、ほぼ10GB制限を超える事は無いといえます。ただ、オンラインゲームや超高画質(1080p等)の動画鑑賞をしてしまうと、超える可能性も高くなってしまいます。

月額は大半の業者は使い放題で「4380円」となっていました。
※今回は全て「使い放題」プランの料金価格となります。

ただ注意点がありましてWimax,ワイモバイル、auなどは2~3年の縛りが存在します。違約金は固定回線の費用(9500円)の倍額近く請求される模様なので良く検討されるべきですね。

違約金の発生しない年縛りの無いモバイル回線ってあるの?

代表的なモバイル回線業者には基本的に年契約の縛りが存在する事がわかりました。

ですがさすがに3年とか先の見えない遠い未来まで契約するのはちょっと不安ですよね。

「じゃあ違約金の無いモバイルWi-Fiはないの?」って疑問が生まれたので調べてみました。

・縛りなしWifi
・SPACE Wi-F
・famiji
・fujiwifi

などが存在しました。

(他にも何社かありましたが、そんなに大差は感じなかったので割愛します)

縛りなしWifiSPACE Wi-F
月額3300円3680円
契約手数料0円0円
通信制限無し※1無し※1
下り最大通信速度187.5Mbps~612Mbps※2440Mbps※2
端末603HW(612Mbps)
W04(440Mbps)
WX05(440Mbps)
502HW(187.5Mbps)
W04(440Mbps)
801ZT(112.5Mbps)
違約金無し無し
famififujiwifi
月額3,980円
(最初2ヶ月は2480円)
3,200円
(WiMAX2+ with au4G LTE)
契約手数料3,000円¥2,000
通信制限無し※1無し※1
下り最大通信速度440Mbps440Mbps
端末記載なしの為不明W05(440Mbps)
W04(440Mbps)
違約金無し無し

まず※1についてですが、どの業者も回線が「Wimax」か「Softbank」となるのですが、どちらになるかはユーザーが選ぶことは出来ないみたいです。同じく※2同様、どの端末が届くかはこちら側で選ぶことが出来ないようです。

そして「縛り無しWifi」には気になる説明文がありました。
※在庫状況によっては上記以外の端末をお送りする場合がありますのでご了承下さい。
※充電ケーブルは同梱品となりますが、AC アダプタは同梱いたしませんのでご了承下さい。

603HW(612Mbps)が届くことがベストでしょうが、こういった説明文が書かれているうえで契約に同意してしまうと、いざ訳わからない端末が届いても使うしかありませんよね。

もう一点注意が必要なのがレンタル品が破損した場合の多額な弁償額です。

どの業者でも「安心プラン」的なものは存在しますが、これに入らないで破損や水没などを起こした場合は基本的には全額弁償となります。しかもその額が本体価格を超えてるんじゃないの?ってくらい高かったりします。

縛り無しWifi及び、SPACE Wi-Fに関しては安心プランに加入してないと約4万請求されますそして安心プラン(月500円)に加入していても10000円は払わないといけないようです。

fujiwifiの場合は安心プラン(月300円)、安心プランプレミアム(月620円)なるものがあるのは確認できましたが、それらに加入して破損などを起こした場合に全額保証してもらえるのかの記載は見つかりませんでした。

famifiは安心プランが月額500円ですが、破損時はなんといっても業者が全額負担してくれるのが良いですね。

まとめ

引越後はいつインターネット回線を契約するべき?
光回線希望の場合でまだ建物に導入していない場合は即日です。理由は業者によっては1ヶ月以上の時間を要すので。
引越後、光回線とモバイル回線どっちがいいか迷っています。
用途次第かと思います。
オンラインゲームやFX、株取引などコンマ数秒の遅延ラグが命取りとなるような作業がメインの方、1日中家に居て四六時中ネットをやる必要がある方は通信制限無しの光回線がお勧めです。
半年後までその家に住むかわからないような場合や、比較的に外に居る方が多い人はモバイル回線が良いかもしれません。
光回線に決めました。でも縛り有りと縛り無しで迷っています。
末永く新居に居る予定(大学生など)であれば、キャンペーンなどで工事費用が実質無料になったりするNURO光等の縛り有の業者の方が色々と安心かと思います。(正し途中で解約する場合は工事費用は負担となります)

NURO光でしたら現在公式限定でキャッシュバックキャンペーンをやっています。

一方、一時的な引越でまた近い将来引っ越す可能性のある方は、縛り無し業者が良いとは思いますが、縛り無しの大半の業者は工事費用が15000円かかり、キャンペーンなどでの減額がほとんどありません。

最近ではPUBGなどのゲームなどをモバイル回線で問題なくプレイされている方もいるらしいので、とりあえずは年数縛り無しのモバイル回線を試してみるのもありです。
工事費用は建物によって変わります。
再三、工事工事と挙げて参りましたが、工事といいましてもその建物自体に1から工事をする「立会い工事あり」と、既にその建物に光ファイバーが導入されている場合は「立会い工事無し」となり、大幅に支払額は軽減します。前途この記事で述べてきた「工事費用」とはまだその建物に光ファイバーが導入されておらず業者の立ち合いが必要となる工事です。
ですので、契約時には必ず不動産か大家に光ファイバー導入済みの有無を確認しましょう。
で、結局、著者は引っ越す時どれにするの?
そうですね・・・。
とりあえず建物に光ファイバーが導入されているかどうかをまず聞いて、既にされている場合は年間契約縛り無しの光回線にします。セット割がが多いDTIは良さげな気もしました。

これから工事が必要な場合は縛り無しのモバイル回線にする予定です。(おそらくfamiji
_____________________________________________
今回は以上となります。いかがでしたでしょうか?
光回線、モバイル回線の違いの基本知識について少しでも参考になれば幸いです。

続いて、ルーター選びのポイントはこちら

Wi-Fiルーターを選ぶ時の注意点を教えます

 

 

タイトルとURLをコピーしました