脱ヒキコモリ!社会復帰の為のリハビリに良い仕事、アルバイトをまとめてみました。

仕事

こんにちは。

今回は脱ヒキコモリを目指している方向けのアルバイトを何点か紹介したいと思います。

タイトルでは脱引き籠りと一括りにまとめていますが、ニート歴が長い方や事情があって長い事働いてない方達向けでもあります。

かくいう私も10数年程前は持病がひどくて、20代の前半を棒に振るってしまいました。ようやく社会復帰できそうな頃に、リハビリ感覚でできる楽な仕事を探していたわけです。とりあえず私が経験のあるものから、やったことはないけど、知っている仕事など紹介していきたいと思います。

経験上、激レアバイトは楽な確率が高かったのですが、見つけるのは本当に運ゲーになってしまうので、ある程度応募を見る仕事に絞りたいと思います。

(私は以前、モニターの監視をしていましたが、こんなの数年に1回あるかどうかレベルなので)

脱引きこもり向けの仕事

1、Uber Eats

まずは最近話題のこれです。
どんな仕事かといいますと、自転車やバイクをつかってスマホアプリを起動しながら、そこら辺をぶらぶらし、お店から受信がきたら店に向かい、その商品をお客様にお届けするだけ。対人も商品を届けるのみでほぼなし。ただし迷った場合は自腹で電話する必要があるそうです。
なんといってもメリットは「時間の縛りが無い事」

・何時に起きようが自由
・1件だけ働いて疲れたら何時間休憩しても自由
・やりたい日にやればいいだけ

これはかなり社会復帰する方には向いていると思います。
まずなによりキツイのが時間の拘束なんですよね。
私も過去に一度だけ「行きたい時に行ってOKの都合の良い工場」で働いていた時があるのですが、本当に気分的に楽でした。

ただ当然ではありますがマイナスポイントもあります。

・都心に限られる
・自転車は自分のでもいいが、都心で働く場合はレンタルせざるを得ない。
・全く対人会話が無いわけではない(ただリハビリには程よいレベルだと思います)
・体力が必要(この点もすぐ慣れるでしょう)
・報酬がまばら。(500円~900円くらい)

地方の方は厳しいかもしれませんが、都心部に住んでいる方はかなりやる価値があると思います。
外の空気も吸えるしお金も貰えるし体力もつくので、次の仕事へ行かせると思います。

良いところ
・時間の拘束が無い
・いつでも出来る
・いつでも帰れる
・体力がつく

悪いところ
・報酬がまばら(それでもポスティングよりは良いかと)
・自転車やらバイク必須
・都心まで行く必要がある
・デカい箱が注目をあびる(周りにもゴロゴロいるので気にするほどではない)

2、データ入力(電話無し)

続きましては定番ですがデータ入力です。

これは私も過去に何度もやったことがありますが、おススメです。
なるべくオープニング募集をお勧めします。ただしデータ入力と言ってもピンキリありまして敷居の高い派遣会社は優秀な人材を欲しがります。

例えればクライアント先が上場企業の所など。こういった案件は派遣会社が初めてその大手クライアントと契約を結び「第一印象」を大事としているため、スタッフに休まれたりしたらイメージが駄々下がりなので、かなり人材選びに五月蠅いです。(なぜ詳しいかというと私は受かった事があるから)そういうところは仮に受かっても周りもエリートが多いです。

ですのでちょっと厳しいですが「50名の大募集!電話応対なしのデータ入力!」こういった感じのは求人は高確率で受かるので受けてみる価値ありです。大人数の良いところは、言い方は悪いけど「緩い」です。人数が多い分、休んでばっかりの人も絶対にいるので、周りが誰も休まないから休みにくい・・・って状況はないですね。あとこれも言い方は悪いですが、やはり大量募集は受かりやすいだけあって、変な人も多いし、同じようなヒキコモリ体質の方、クセの強い方など様々です。まあでも会話はほぼ無しと言ってもいいでしょう。ただし業務がわからないときはエスカレといって「すみません~」とSVを呼ばないとダメです。わからないでそのまま業務を進めてしまうと爆弾がどんどんデカくなるだけですので、そこだけは気を付けましょう。

オープニングの10名や20名の募集も受けてみる価値はありますが、人数が少ないほど濃い人間関係の場が出来上がる可能性が高いです。まあそれでも無理に話す必要もないですし、話さないでもイジメとかはありませんが(私の経験上)やはり「声をかけられる確率はあがります」それが苦じゃなければ、良い出会いにもつながるかもしれません。

作業内容はおそらく大半の場所が何かしらのソフトを使っての簡単な入力業務、登録ボタンをポチって感じか、もしくはコピーなどひたすらやる雑用だと思います。
誰にでも出来る分,ものすごく単調作業です。睡魔と時間との戦いになるのはほぼ確実です・・・。あと、雑用を引いてしまうとかなり体力を使うのでシンドイです。(こればかりは入って見ないとわからない)

良いところ
・大量募集は受かりやすい
・周りに自分に似たようなのが多いので目立たない
・作業が簡単
・ほぼコミュニケーションはいらない

悪いところ
・睡魔と時間との闘い
・雑用係は体力的につらい
・わからない事はエスカレは絶対にするべき

 

3、工場のクリーンルーム

 

続きましては住み込みの工場です。これは住み込みなので一人暮らしをしないといけません。その点ハードルがあがりますが、すぐ慣れるでしょう。

クリーンルームはかなりオススメです。作業内容はコンベアから流れてくる部品等にちょっとした作業をするだけだそうです。ですがすみません、これは私の同僚から聞いた話ですので私が実際に体験した話ではありません。どういう事かと言いますと、以前私はとある住み込みの工場派遣に行きました。1日目にアパートへ案内され、2日目の朝に今回応募で集まった人間全員で「病院に身体検査」に行くんですが、その時、当時私より2~3歳年上の兄ちゃん何名かが声かけてきて、顔見知りになったんですよね。で、私は運悪く「その工場で一番きつい工程」に配属されてしまいました。休憩中、さえない顔をしていると、病院で会った兄ちゃんらが声をかけてきたんですよね。んでそれぞれの工程の話しになったんですが、他の人らは全員クリーンルームらしく、恐ろしく楽で携帯いじりながら出来て最高と言っておられました。クリーンルームは基本的に無菌室なので重いもんなんか持たないので楽だそうです。

もし工場の派遣を募集するなら、工場専門の求人サイトで「肉体労働無し」とか「重い物」とかで検索すると楽そうなのがゴロゴロでてくるので、そういったものに絞ったほうがいいと思います。あとは「3勤4休」とか。

まとめ
良いところ
・当たりの工程を引けばメッチャ楽(体力的に)
・対人はそんなにない
・自立する練習が出来る
・辞めたい日に辞められる(今日で辞めたいんですけどでOK)

悪いところ
・ピンポイントでその工程に行けるかはわからない(求人段階で絞り込む必要あり)
・基本的にガラの悪い奴が多い(例の兄ちゃん達もヤンキーあがり)
・自炊が面倒

 

4、深夜のガソリンスタンド

 

これは私は実際にはやったことない(深夜働くには乙4という資格がいるため)のですが、この手の話題をとりあげた場所では必ずと言っていいほどあがる仕事ですよね。私自身も乙4の本を買ったところまでは行ったのですが、覚えるのがしんど過ぎて投げてしまいました。作業内容は初めてのお客さんにガソリンの入れ方教えてあげたり、たまに店に入ってくる客のレジとかって聞きます。乙4に関する難しい科学的な仕事は無いはずですので資格だけもってれば良いそうです。ほとんど客が店の中に来ることも無いそうなので、本読めたりとする点が楽バイトにランクインされている理由だと思います。

まとめ
良いところ
・レジにさえ慣れてしまえば本読んだりできる(あくまでも噂)
・深夜料金が貰える

悪いところ
・乙4の資格を取らないといけない
・深夜ガソスタを見つけるのが大変
・強盗の心配がある

 

5、施設警備員

 

これもこの手の話題では必ずといっていいほど入っている職業です。交通整理などではなく、「施設」がキーポイントです。さらに可能であれば場所は日替わりの施設ではなく、ずっと同じ場所の施設警備員がベストです。これも私は実際やったことないのですが、工場やら、深夜の日雇いなどで何度も施設に行った際に「座って本を読んでいる楽そうな警備員」を何度も見てきたので楽な部類には入るでしょう。私の知人も実際に楽だったと言ってました。

まとめ
良いところ
・天候に左右されることなく働ける
・最低限のコミュニケーションで良い
・お金がいい
・用務員出口などの受付など座りっぱなところもある

悪いところ
・条件が良いところを探せるかが最大の難点
・ガラの悪いオッサンが多いと聞く
・拘束時間が長い(会社によると思いますが)
・いざとなった時にどうなるかわからない
・真っ暗な敷地内を見回らないといけない

 

6、デバッグ作業

 

これは、世に出回る前のゲームやパチンコなどのバグチェックなどをする作業です。これは実際に私も経験ありです。言われた指示を淡々とこなすだけなので、私がやっていた場所では特に会話もありませんでした。私はパチンコとパチスロのデバッグをひたすら8時間やっていました。(ちなみにスロもパチンコも普段は全くやりません)
指示された内容をひたすらメモにチェック付けるだけでしたので片手一本あればできる仕事でしたね。ゲームの方はやったことはないのですが、恐らく似たような感じかと思います。これも対人はほぼ無いし、特に必要な資格やスペックもありませんので、リハビリにはオススメかもしれません。私の知人はスクウェアなどの大手ゲーム会社のデバックをやっていたそうですが、たまにそういった会社からも募集がでるらしいので、チャンスがあれば大手の会社のデバッグを受けてみるべきだと思います。

まとめ
良いところ
・受かりやすい
・誰にでもできる
・会話ほぼなし

悪いところ
・単調すぎて時間と眠気との闘い
・自分が好きな部門にいけない(私の場合はパチだった)
・都会に限られる
・給料が平均より安め

 

7、スーパーの品出し(深夜)

 

これも定番でしょう。深夜というのがお勧めです。中にはレジ打ちも任される場所もあるようですが、24時間営業のスーパーが近くにあったら一度目を通してみるのも良いかもしれません。基本的に立ちっぱ動きっぱなので体力作業となります。

良いところ
・家から近い
・淡々と作業を出来る
・やることが多いので時間が過ぎるのが早く感じる
・深夜料金

悪いところ
・少なからず「○○はどこ?」と話しかけられる
・レジ打ちもやらされるところもある
・体力がいる

 

8、漫画喫茶(小規模チェーンor個人営業)

 

今のご時世、結構厳しいかと思いますが、一応経験あるので書かせていただきます。私は昔、個人経営の漫画喫茶で働いたことがあったのですが兎に角楽でした。案の定2年くらいでつぶれてしまいましたが。大手みたいにブースに注文持って行ったり、飯作ったりも一切なかったので。個人情報の管理とかもありませんでしたから。ただ、こういった店舗は年々つぶれていってしまってるので現状厳しいかもしれません。私鉄沿線にポツポツと存在するレベルの小規模チェーン店もそんなにお客さんは多いとは思えないので、おススメの部類かとは思います。ただやはり、対人は100%なので脱ヒキ向けというよりは、対人はそんなに苦じゃない楽したい人向けかもしれません。

良い点
・基本的にはレジ打ち、陳列のみ(客は好きな事を自分でするので)
・漫画とか飲み物が使い放題

悪い点
・現状この様な規模の店舗を探すのが厳しいかもしれない
・中には変な客もいる
・前途あげた仕事にくらべ接客は強め

 

9、害虫駆除

 

これはかなりレアな部類に入ると思いますが、経験があるので書きます。どちらかというとガテン系の仕事になりますね。ですのでオラオラ系な方達も少なくはないです。作業内容はというと、私がやったのはトラップをあらゆるところにしかけてその罠を後日回収したり、何かよくわからない重い機械をしょって、病院のベットにブスっと注射針みたいのをひたすら刺したり(ダニとかを殺している)、あとは厨房のゴキブリ退治とかですね。これは継続的にやっていたわけではなく、他の仕事のヘルプで数回入っただけなのでそこまで経験があるわけではないのですが、私は虫とかネズミとかへっちゃらだったので楽しかったですね。

良い点
・お金がいい
・長くやれば社員になれる可能性がある
・面白かった

悪い点
・中々探すのが難しい
・体力がいる(すぐ慣れます)
・ガテン系のノリ(タバコ率高い)
・虫とか苦手な人は絶対に無理

 

10、交通量調査&プラカード持ち

これもかなり有名。ただこれは継続的に出来るものではなく基本的には倍率の高い単発募集に毎回応募して枠を勝ち取るイメージ(最近はどうなのかすみませんが知りません)なので、選ばれるのは結構しんどい気がします。ただ単発ゆえ、リハビリにはかなり向いているかもしれませんので、根気よく応募してみる価値はあると思います。私が以前経験のある人物に聞いた話では2時間起きに交代して1時間休憩を繰り返していたと言っていました。

 

良い点
・単価が高い
・人間関係ほぼなし
・単発なのでリハビリにもってこい

悪い点
・倍率が高い
・朝早い時間に指定された現場に向かわないといけない
・時期によっては地獄
・意外と体力的にしんどい
・道路の側なのでカナリ空気が悪い

 

11、ラブホテルの受付(清掃無しの所)

続きましてはラブホテルの受付です。これは今でも恐らく探せばあると思います(レジャーホテル、ブティックホテルなどのキーワードで。)タウンワークでも見たことがあります。一度面接に行ったことがありますが、面接官や従業員が外国人だらけだったので辞退させていただきました。話しを聞いた限りでは、モニターの監視や、お客様のコール対応と、一般的な内容となってそうです。コール対応についてはどんな案件があるので何とも言えませんが、基本的にはモニター監視やら、何もない時はぼけーっとしていて良いような事をいっていました。コールは慣れるまでは噛んだりしそうですが、一度慣れてしまえばかなり楽な部類に入りそうですね。

 

良いところ
・座って携帯とかいじれる
・客を雲の上から見れる
・深夜料金が発生する

悪いところ
・外国人率高め
・対人要素は結構ある
・拘束時間が長い(24時間とか)

 

12、アウトソーシング

これは何かと言いますと、依頼者が○○をしてくれたら○○円支払うよ。といった案件をこなす作業です。内容はさまざまあり「○○の記事について3000文字書いてくれ」「動画の編集してくれ」「翻訳してくれ」「HPつくってくれ」色々あります。多少のスキルとPCは必須となりますが、youtubeを見る方ならご存知だとは思いますが動画編集あたりは結構需要あるわりにスキルも他に比べたら覚えやすいし単価もそれなりに良いと聞きます。この動画編集については私個人も興味があるのでまた記事を書こうかなと思っています。

 

——————————————————————————————————–

 

とりあえず私が経験ある仕事から、最近はやりのウーバーまで色々と紹介してきました。
やはりリハビリは「慣れていく事が大事」ですので、ちょっとずつ自分のペースで出来るデバッグやらウーバーやらがオススメかなと思います。
今回は唐突に記事を書いたので全部は思い出せませんでしたが、また何か思い出したら追記したいと思います。
少しでも参考になれば幸いであります。

タイトルとURLをコピーしました