オッサンには少々キッツイ?!30代のソードアートオンライン(SAO)を見た感想【アニメ一期】

GAME

こんにちは。今更ながら、SAO(アニメの一期)を見終えたので感想を述べたいと思う。

まず前提として、私は30代のオッサンで、
普段からすすんでアニメを見るほどではないですが、
面白いと言われるアニメなら見てみようかなって感じのニワカである。
それとネタバレ要素もガッツリあると思うので、まだ見たことない人は注意っす。

何故このアニメを見たのか?

まず初めに何故このアニメを見たのか。

きっかけは、数点あるんだけど、
1つ目は、以前働いてた同僚がゴリ押ししてきたから。(20代女性)
2つ目は、モンストで登場したので存在を知ってはいた。
3つ目は、某ビジネス系Youtuberが推してたから。(20代?男性)

まあこんな感じなんだけど、何名かがおススメしてたってのが大きかったですね。
1人目はアニメなんて全く興味なさそうなギャル系(もはや死語か?!)が推してきて
「へ~、こんな子でもアニメに興味持つんだ」という勝手な偏見。
2人目は、某プログラミング教室を経営するほど頭が良い方が紹介してたから。
(年齢はすみません、知りません。)
正直最初の女の子が推してた時は、「へ~」だったけど、
2人目の方もオススメしてたので「そんなに?!」と興味を持つようになった。

あとはモンストの影響ですかね。
全く興味なかったんですが一応キリトとアスナは持ってたのでw

といった感じが見始めた動機の理由となる。

【感想】

では、さっそく本題に戻り感想を述べたいと思う。
このアニメを個人的に点数をつけるのであれば100点中65点と言ったところだろうか。
まあそれなりに面白かったけど、2期はもういいかな・・・というのが正直な感想だ。
(アニメ一期のみの評価)

まず私はこのアニメの土台となっているオンラインRPGというのを黎明期からプレイしている。
少々脱線するが作品で言うとRO、MU奇跡の大地、テイルズウィーバーなど。
2000年~2005年頃にかけ、どっぷりとオンラインRPGにハマっていた。
そういう背景もあるので、作品の土台としては好みであるといえる。

そしていざ視聴してみると、最初の5話?10話?(忘れた)くらいまでは、
見事にそのオンラインRPGの要素が詰め込まれており、懐かしさやワクワク感を覚えた。

物語をざっくりと説明すると、作品のゲーム内で死ぬとリアルでの自分も死んでしまう。
それを攻略するべく、物語は進む。
このゲームのβテスト経験者の主人公キリトは、
経験者であるゆえ他プレイヤーより当然攻略知識があり、
ソロ狩りで高難度のダンジョンに向かったり、
そういった細かな要素も、実際にMMORPGをやってた身としては面白かった。

※βテストってのは実際にゲームが出る前のテストプレイ(バグ探し)みたいな感じかな。

ただ、このアニメが徐々に進むにつれ、次第に「ん・・?」と疑問を抱く。
詳しい内容は割愛するが、このゲームのヒロインである「アスナ」という女性がいるのだが、
後にアスナと主人公のキリトは行動を共にするのだが、徐々に恋愛をしイチャコキ始めるのだ。
確かに私も当時オンラインPRGをプレイしていた時に毎日の様に一緒に狩りをしていた女性に
想いを寄せられたこともあるので、まあ恋愛するのも不思議ではない。
ただ、徐々に徐々に、オンラインMMO要素から恋愛アニメへと一変していくのだ・・・。
私がオッサンなせいなのかもしれないが、求めてるのはそういうのじゃないんだよなぁ、と強まる。

実際このアニメを12話くらいまで見終え、続きを見るのに数か月放置してしまった。
続きを見た理由はモンストで第2段コラボが始まるから、最後までは見てみようかなと。

結局のところ、最後までアスナLOVE アスナLOVE アスナLOVE キリトLOVE キリトLOVE キリトLOVE
というオンラインゲームという名を借りた完全な恋愛アニメと変わっていた。

正直30歳オッサンにこの展開はキツイっす。ってのが結論だ。

このアニメ結局一期ではどうなるかというと(ネタバレ注意)
まず最初の「死んだら現実の世界での自分も死ぬ」というゲームはクリアするのだが、
アスナはまだ現実での意識が戻らず、違う新たなるオンラインゲーム内に、
アスナのデータは受け継がれており、その新たなゲーム内でログアウトしないと現実の意識も戻らない。
説明が難しいが、とある理由からアスナはその新たなゲーム内に捕らわれている。(ログインが出来ない場所)
ひょんなことから、その新たなゲーム内にアスナがいるという情報を掴んだキリトが、
そのゲームをやり始めアスナを救出し、ハッピーエンドといったオチだ。

それまでの間に数多くのキャラが出てくるのだが、
どいつも印象が薄っぺらい薄っぺらい・・・。
そんな中一番印象に残った子は「リーファ」という妖精の女の子と、
「ユイ」というまぁゲーム内でのサポートプログラムみたいな感じのキャラが
出てくるのだが、この二人はメインのキリト、アスナの何倍も魅力があった。
リーファはキリトに恋をするのだが、アスナ一本のキリトには見向きもされず撃沈する。
その他、多数の女性からもアプローチされハーレム要素も強い作品となっている。
なんとこのハーレム要素、軽くネタバレを見てしまったのだが、
今後の作品でさらに増すと言うではないか。
いやもう一期でお腹一杯ッス。。。

もう少し男キャラの仲間を増やし、主人公のチート的強さを下げ、
仲間と共に切磋琢磨しながら、その中で恋愛もする。といった
いわば王道の流れでも良かったかに思う。
あとはライバル的な存在がいないところ。

この作品は「中2病を量産している」というワードをちらほらと目にしたが、
確かに中学生くらいの甘酸っぱい時期の子達や、
恋愛モノが好きな方にはかなり刺さる作品だと思う。

とまあ、若干辛口になってしまったけど、オッサンの思考なんで許してチョ!
余談ではあるが、モンストに出てくるユウキやシノンって子は一期ではでないのね~・・・。ぐふっ。

タイトルとURLをコピーしました